×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FXの取引で一番大切なものとは?

FXの取引においてあなたが今やっている方法で利益が上がっているのなら読まないでください。

一日1600円のスワップのために50万円損した・・・そんな話を知っていますか?

現在、FXで利益が出せていない・・・スワップが少ない・・・そんな現状でしたらぜひ読んでいただきたいのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ロバートキヨサキ

昨今の日本での起業・投資ブームの発端となったことで有名な「貧乏父さん金持ち父さん」、その著者であるロバート・キヨサキ氏は、サラリーマンでい続けることがいかにハイリスクであるかを説いています。
同氏の影響により安易に脱サラしたり、リスクに気付かないまま投資に多額の資金を投入してしまう方々が増えたのもまた事実ではないでしょうか。
サラリーマンを続けることのメリットの大きさについてです。投資の世界に参入するお立場なら尚更です。
「あなた」が投資だけで生計をたてているとします。
不動産にしても、株式やFXにしても、損失が発生した時の精神的負担はどれほどのものか想像できますでしょうか?
これが30万円のお給料を毎月支給される環境で、投資金額も同じ30万円であれば、安定した精神状態で淡々と損小利大の規則にのっとりトレードできることでしょう。
【1日1600円の利益のために50万円失った方法とは?】
※サブプライムやリーマンショックで、あなたが 少しでも利益を出せたのでしたら、読む必要はないですよ。
                        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1日1600円の利益のために50万円失った方法とは?】 ということについて。
『そんな馬鹿なマネを誰がするんだ!?』 と思われるかもしれませんが、これは現実なのです。
昨今のリーマンブラザーズ倒産を含めました金融不安について、ニュースで話題に上らない日はないと思います。
そのような状況の中で、多くの銀行、ファンドさらには個人投資家を含め大打撃を与えたのが、【円キャリートレードの崩壊】です

よく考えてみてください

仮に、ポンド円の通貨ペアで10枚(10万通貨)運用し、スワップ金利狙いの円キャリートレードを行ったとします。
この手法のメリットは「放ったらかしにしておくだけで、毎日、金利手当てがつく」という事です。
投資において最重要課題である、「いつ、イグジット(ポジション決済)するのか?」という部分をぼやかした状態ではあるのですが・・・
「放ったらかしの上に、安定収入」という魅力に勝てないあなたは、このトレードを始めたとします。
現在のポンド円において、10枚運用の場合、受け取りスワップ金利は、約1600円ほどです。
毎日1600円、1ヶ月にしますと4万8千円、トレード開始直後は、「これで、不労所得が毎月5万円近いな」という計算ができると思います。
そうこうしている内に、流動性の高い通貨ペアであるポンド円において、5円の値下がり(円高)が発生してしまったとします。
10枚運用していますので、含み損失が50万円となります。
この状況で、以下のどちらの考えに至るでしょうか?

A:資金管理はしてある!今すぐ損切りなんてとんでもない。保有していれば毎月5万円近く入ってくるんだから。

B:あれ?この含み損失を埋めるには、何日分の金利が必要なのだろうか?

どちらでしたか?
「B」のような疑問が浮かびましたか?
5円の値下がりによって生じました50万円の含み損、それを1日1600円で割ると、、、
何と、約312日も必要です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当然ですが、この間にも更なる値下がりをするリスクもありますし、スワップ金利自体も変化します。
※スワップ金利は当該国同士の金利差を基に算出されますので、一晩で受け取り金利が半分近くになることも想定されます。
                                       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここまでの話を聞けば、先ほど、「A」の回答を選択した方でも、「放ったらかしの円キャリートレードがいかに危険か」ということがわかったかと思います。
投資をされる上でリスク管理と並んで最重要なことは、「いつ、イグジット(ポジション決済)するのか?」 ということだと、覚えておいてくだされば幸いです。
弊社では、常に決済ポジションを明確にしました、為替差益を積極的に狙っていくトレードをご提供させていただいております。
安心してFXをするための情報源は こちら

スポンサード リンク

Copyright © 2008 FXの取引で一番大切なものとは

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。